記事を書くスピードを上げる2つの方法

プロフィール



 

"とらきち"と申します。
千葉県に住む元プログラマーで、現在はブログアフィリエイター。
パソコンとゲームをこよなく愛する。
ブログアフィリエイトについて、役立つ情報を発信していくので、期待してください。

月収1万円から30万円以上稼ぐ道のりはこちら

↓ ↓ ↓ あなたのポチっが更新の励みになります

 にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事を書くスピードを上げる2つの方法

 

記事を書くスピードを上げる2つの方法とは?

 

あなたはライティングに
かかる時間はどれくらい?

 

もし

 

1記事1時間以上かかっているようなら
見直す必要があるよ。

 

 

テーマと結論を先に考えること

 

記事を丁寧に書く事は
とても大切。

 

 

だけど

 

あまりに時間がかかりすぎてもダメ。

 

何故なら
時間がかかりすぎてしまうと
アクセスアップ等の他の作業ができないから。

 

 

記事を書くコツとしては
テーマと結論を決めて
一気に書いてしまうこと。

 

 

一見いい加減なように聞こえるけど
結構効果がある。

 

 

もちろん

 

書いたままアップロードするわけじゃなくて
そのあと見直すんだけどね。

 

 

文章を書きながら
その都度修正していくと
結構時間がかかる

 

 

だから、始めは一気に書いてしまって
後から修正する方が
遥かに時間短縮になる。

 

 

私の場合
殆どが勢いで書いてしまう。

 

だから

 

後で見直すと結構修正がいることもあるけど
その方が面白い文章が書けている。

 

 

のっているときって
気持ちが先行して文章を書いてるから
全面にでてくるんだよね。

 

一気に書き上げたら

 

・誤字脱字をチェック
・変な表現を修正
・文章を分かりやすくする

 

これを何回か繰り返すと良い。

 

こうすることで、結構時間短縮になるはずだよ。

 

まずは一気に書き上げてしまうことを
おススメする。

 

 

タイピングを早くすること

 

あとは物理的な問題。

 

 

タイピングを早くすることだね。

 

 

これは訓練しかないね。

 

とにかく記事を書き続ければ
自然とタイピング力は上がる。

 

それ以外にも
タイピング練習ソフトなんかもあるね。

 

そういうソフトをつかってもOK。

 

私の場合は
プログラムを勉強しようと思って
パソコンを始めたから
最初はプログラムの命令を繰り返し
タイピングすることから始めたよね。

 

だけど最初は

 

「おせーっ!」

 

って自分で思う程だった。
ポチポチって表現が良く合う感じ。

 

それでも繰り返していくうちに
素早くうてるようになったよ。

 

あと

 

その上を目指すんだったら
ブラインドタッチだよね

 

ブラインドタッチも
最初はプログラムの命令を
タイピングすることから始めた。

 

今でも覚えてる。

 

最初にブラインドタッチの単語に選んだのは

 

print

 

って命令。

 

これを見ないでひたすら繰り返してたね。

 

そのうちに、指がキーの位置をおぼえてくる
不思議なものだよね。

 

だから、私の場合カナ打ちはできない。
まぁ、カナ打ちは使わないけどね。

 

そんな感じで
これに関しては練習あるのみかな。

 

とりあえず

 

自分の名前を打つことから
始めるといいんじゃないかな。

 

結構自分の名前を入力する事が多いでしょ。

 

ネットショッピングだったり
何かに登録したりするときに。

 

 

まとめ

 

記事を書くスピードを上げる2つの方法とは

 

テーマと結論を先に考えること
タイピングを早くすること

 

テーマと結論を先に考えて書いておくことで
言いたい事がブレずに一気に書き上げることができるよ。

 

あとは

 

タイピングを早くする事でも
スピードをあげることができるね。

 

効果あるから試してみて。

 

 

文章力がなくても面白い記事はかけるよ。

 

↓ ↓ ↓

 

文章力がなくても面白い文章は書ける

↓ ↓ ↓ あなたのポチっが更新の励みになります

 にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガとLINE@と無料相談メール





質問・相談等ありましたら
どんな些細なことでも構いませんので
こちらからメールください。

↓ ↓ ↓

無料相談メールはこちらから
page top