ネットで生き残る読者目線の記事を書く7つのポイント

プロフィール



 

"とらきち"と申します。
千葉県に住む元プログラマーで、現在はブログアフィリエイター。
パソコンとゲームをこよなく愛する。
ブログアフィリエイトについて、役立つ情報を発信していくので、期待してください。

月収1万円から30万円以上稼ぐ道のりはこちら

↓ ↓ ↓ あなたのポチっが更新の励みになります

 にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットで生き残る読者目線の記事を書く7つのポイント

あなたはブログ記事を
読者目線を意識して書いているだろうか。

 

 

とかく書き手目線になってしまい
なかなか読者目線にするのは難しいよね。

 

 

 

でも

 

ちゃんと読者目線の記事にしないと
読んでもらうことはできなくなってしまう。

 

 

 

なぜなら

 

読者が読みたい内容でないと感じた瞬間に
記事から離脱されてしまうから。

 

 

離脱されてしまえば
検索エンジンからの評価も落ち
上位表示は難しくなる。

 

 

あなたがどんなに一生懸命に書いた記事でも
読者に必要とされない以上
アクセスは来なくなってしまうんだよね。

 

 

 

では

 

どんなことを意識したら
読者目線の記事になるのか
7つのポイントに絞って
お伝えするよ。

 

 

 

 

読者を絞っているか

 

読者を一人に絞ることが重要になるよ。

 

 

とかく多くの人に向けて書きがちだけど
一人の読者に向けて書く方が良い。

 

 

 

なぜなら

 

多くの人に向けて書いてしまうと
誰も自分のことだと感じなくなってしまうから。

 

 

 

例えば

 

イベントがあって大勢いる会場で係員が

 

「みなさん!押さないでください!」

 

といっても

 

「私は押してないし!」

 

と思われて事態は収拾されないよね。

 

 

それよりも

 

「そこのあなた!押さないでくださいね!」

 

といわれたら
間違いなく言われた人は

 

「あ、私が押してたんだ!」

 

と理解してもらえるよね。

 

 

まぁ

 

それでも

 

「押してないし!」

 

って思うかもしれないけどね。

 

 

でも

 

言いたいことはその人には伝わるよね。

 

 

 

だから

 

記事を書くときにも
一人に向かって手紙を書く様に
意識すると伝わりやすくなるよ。

 

 

 

 

読者が読みたいタイトルを心掛けているか

 

記事内容も大事だけど
タイトルもかなり大事。

 

 

 

なぜなら

 

まずタイトル次第で
読まれるか読まれないかが
決まるから。

 

 

面白そうなタイトルでないと
記事内容がどんなに良くても
読まれなくなってしまう。

 

 

それではもったいない。

 

 

 

例えば

 

本屋でとても面白いマンガがあったとするよね。

 

中身はものすごい面白いんだけど
タイトルが超普通。

 

 

対して

 

タイトルが超面白いんだけど
中身が全然面白くない。

 

 

さて

 

どちらが手に取られるかな?

 

 

当然マンガの中身を知らない人は
タイトルが面白い方を手に取る。

 

そして面白くないから
買わないということになる。

 

 

じゃあ

 

中身が面白いマンガはどうなるかというと
手にさえとってもらえないから
売れないといったことになるんだよね。

 

 

 

だから

 

記事タイトルもすっごく重要。

 

キーワードを入れ込むのも大事だけど
面白そうなタイトルを付けることも
それ以上に大事だよ。

 

 

 

 

読者にメリットがある文章になっているか

 

読者のメリットになる内容が
書かれているかどうかも大事。

 

 

メリットがないと感じた記事は
離脱されてしまうよ。

 

 

 

なぜなら

 

一つもメリットがない記事を読んでも
全く意味がないから。

 

 

 

例えば

 

「今日はいい天気だったので
お昼を外食にしカレーを食べた。
とっても美味しかった。」

 

なんて書かれても

 

「ふーん、そうなの」

 

って思うだけだよね。

 

 

何一つ読者にメリットがない。

 

 

 

そうではなく

 

 

「今日はいい天気だったので
お昼を外食にし〇〇という店の
〇〇カレーを食べた。

 

ランチではカレーの他に
サラダとコーヒーがつくようだ。

 

〇〇カレーは程よくスパイシーで
辛いモノが苦手な私でも
美味しく食べられた。」

 

としたらどうか。

 

  • 〇〇という店には〇〇カレーがある
  • 〇〇カレーはランチではサラダとコーヒーが付く
  • 辛いモノが苦手な人でも美味しく食べれる

 

といった情報が得られるよね。

 

これは読者にとっての十分なメリットになる。

 

 

 

だから

 

読者が欲するであろう情報を
書くことが大事になるよ。

 

 

 

 

専門用語を使いすぎていないか

 

専門用語が多い記事は
集中して読むことができなくなる人が
多くなって離脱される可能性が高いよ。

 

 

普通わかりにくい記事より
わかりやすい記事へ行くよね。

 

 

私はある程度のことは調べるけど
あまりにもわからないことが多い記事は離脱して
わかりやすい記事を見つけにいく。

 

 

 

なぜなら

 

効率が悪いから。

 

 

専門用語だらけだったら
読むのにすっごい時間がかかって
しまうからね。

 

 

 

だから

 

専門用語は使いすぎない程度に
とどめておいた方が良い。

 

 

 

 

読者の興味をそそる面白い事例があるか

 

読者の興味をそそる
面白い事例があるかどうかも大事になる。

 

 

読んでいて教科書や参考書のように
淡々とした説明では何も面白くない。

 

 

 

例えば

 

あなたは学生時代に面白い授業と
つまらない授業はなかっただろうか。

 

 

私はあるんだけど

 

面白い授業は大体その先生が
体験した事例とかをいれて話してくれるんだよね。

 

 

だから

 

「へー、そうなんだ」

 

と思って印象に残る。

 

 

対して
教科書通りに進める先生は
授業がつまらなかった。

 

 

はっきり言っちゃうと
印象に全く残っていない。

 

 

名前を言われて

 

「あー、そんな先生もいたかもね」

 

っていう程度。

 

 

 

あなたはどうかな?
記憶に残る先生の授業はどうったたかな?

 

その先生の記憶に残っている授業を
思い出せばヒントになるよね。

 

 

 

 

説明を伝えるだけの文章になっていないか

 

ただ伝えるだけの文章に
なっていないだろうか。

 

 

 

例えば

 

主語・述語がどうとか
文章の構成方法がどうとか
そういった説明ばかりを
書いていないかな。

 

 

ハッキリ言って
今からそういった文章を書いても
読者に求められる記事にすることは難しいよ。

 

 

 

なぜなら

 

Wikiや辞典など説明しているサイトは
もういっぱいあるから。

 

 

それにね
ただ伝えるだけの文章だと面白くない。

 

 

 

そうではなく

 

あなた自身の考えであったり
あなたしか知らない情報や体験を
のせてあげると記事の価値が高まる。

 

 

 

例えば

 

〇〇という商品を買った。

 

その商品のここが使いやすいとか
ここが使いにくいという体験を入れてあげると
商品を欲しい人にとってはすっごく役に立つ。

 

 

これが

 

商品の説明ばかりだったらどうか。
それは販売ページに書いてあるよね。

 

 

 

だから

 

説明を伝えるだけの文章ではなく
体験などのオリジナルな情報を
のせてあげることが大事になるよ。

 

 

 

 

自分の言葉で書けているか

 

自分の言葉で書けているかが
重要になる。

 

 

自分の言葉の真意は見た目の言葉じゃなくて
あなたが考える意見や体験が
書いているかどうかということ。

 

 

 

例えば

 

「芸能人〇〇が不祥事を起こしました。
巷ではいつかはやるとささやかれていました。」

 

としてもあまり面白くないよね。

 

 

なぜか。

 

 

多くの人が思っていることを伝えらえても

 

「ふーん、そうなの」

 

って思うだけだから。

 

 

 

それよりも

 

「え?そんな考え方あるの?」

 

とか

 

「そうそう、私もそう思う!」

 

といった反応を起こした方が
読者は面白いと感じるんだよね。

 

 

 

だから

 

あなたの言葉であなたなりの意見や体験を
記事にしてあげることで
面白くすることができる。

 

 

読者は面白い記事を求めているので
読者目線に近づけることができるよ。

 

 

 

 

まとめ

 

ネットで生き残る読者目線の記事を書く7つのポイントとは

 

  • 読者を絞っているか
  • 読者が読みたいタイトルを心掛けているか
  • 読者にメリットがある文章になっているか
  • 専門用語を使いすぎていないか
  • 読者の興味をそそる面白い事例があるか
  • 説明を伝えるだけの文章になっていないか
  • 自分の言葉で書けているか

 

以上に気を付けると良いと考える。

 

 

 

まず読者を一人に絞って
狭く深く一つのことを掘り下げて
あなたの意見・体験を交えて
伝えてあげることで読者が求める記事になる。

 

 

役に立ち面白い記事であるならば
必ず検索上位にいけるようになるよ。

 

 

 

あなたの周りにいる大切な人に
手紙を送るような気持ちで
記事を書いてあげると良いね。

 

↓ ↓ ↓

 

こちらでは記事の書き方の色々をお伝えしているよ


↓ ↓ ↓ あなたのポチっが更新の励みになります

 にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガとLINE@と無料相談メール





質問・相談等ありましたら
どんな些細なことでも構いませんので
こちらからメールください。

↓ ↓ ↓

無料相談メールはこちらから
page top