文章の上手い書き方について最低限知っておくべき5つのこと

プロフィール



 

"とらきち"と申します。
千葉県に住む元プログラマーで、現在はブログアフィリエイター。
パソコンとゲームをこよなく愛する。
ブログアフィリエイトについて、役立つ情報を発信していくので、期待してください。

月収1万円から30万円以上稼ぐ道のりはこちら

↓ ↓ ↓ あなたのポチっが更新の励みになります

 にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加

文章の上手い書き方について最低限知っておくべき5つのこと

あなたは文章の上手い書き方について
悩んでいたりしないかな?

 

 

例えば

 

  • 読者の反応がイマイチとれない
  • 記事のアクセス数が伸びない
  • 記事の滞在時間が極端に短い

 

といったことはないだろうか。

 

 

 

それは

 

文章の上手い書き方ができていないから。

 

 

 

でも

 

これからお伝えする5つのことを実践するだけで
読まれる文章にすることができるよ。

 

 

 

 

つかみを入れること

 

文書の初めにつかみを入れると効果的。

 

 

 

例えば

 

「ダイエットしているのに
すぐにリバウンドして
困っていませんか?」

 

などのように
疑問系で開始すると

 

 

「あっ、私のことだ!」

 

 

と感じてもらえやすくなる。

 

 

自分のことだと認識してもらえれば
後の文章も読んでもらえるよ。

 

 

この時注意したいのは
不特定多数に対して
問わないこと。

 

 

 

なぜなら

 

不特定多数に対して問いかけると
自分のことではないと
認識してしまう可能性があるから。

 

 

 

だから

 

ターゲットを一人に絞ることを
心掛けて欲しい。

 

 

 

 

事例をいれること

 

事例を入れると
面白い文章になって
読み進めてもらえることができるよ。

 

 

教科書や参考書のような
淡々とした説明はつまらないよね。

 

 

あなたは学生時代授業が楽しかった?

 

 

私は全っ然楽しくなかった。

 

 

それは教科書や授業内容が
面白くなかったからだと感じている。

 

 

私が良く覚えているのは
先生が自分の昔話をしたこと。

 

 

あなたも記憶にあるんじゃないかな?

 

 

人の体験談って面白いよね。

 

 

 

だから

 

体験談などの事例をいれて
説明してあげることで
面白い文章になるということ。

 

 

 

 

結論を入れること

 

結論をしっかりと入れることが重要。

 

 

 

なぜなら

 

検索であなたの記事をクリックした読者は
悩みをもって訪れる。

 

 

もし悩みを解決できないと
すぐに離脱されてしまうことになる。

 

 

すぐに離脱されてしまう記事は
読者に必要とされないと判断され
検索順位も下がってしまうよ。

 

 

折角書いた記事なのに
もったいないよね。

 

 

結論が入っていない文章は
結局何が言いたかったのか
わからなくなっている。

 

 

言いたいことがわからない文章は
大抵結論を決めて書きだしていないのが原因。

 

 

私はテーマと仮タイトルと結論を
最初に決めて文章を書きだす。

 

 

 

そうすることで

 

言いたいことがブレなくなるから。

 

 

 

だから

 

最初に結論を決めておくと
文章がちゃんとまとまるようになるよ。

 

 

 

 

見やすく読みやすい文章にすること

 

見やすく読みやすい文章にすることが大事だよ。

 

 

いくら文章の内容が良くても
見づらかったり読みにくかったら
離脱されてしまう。

 

 

 

これはすっごくもったいないよね。

 

 

ポイントは適度な改行と文字装飾。

 

 

改行せずにずーーーっと書かれている
文章は読みにくい。

 

 

 

なので

 

適度に改行をしよう。

 

 

 

例えば

 

今日はいい天気ですね。でも
明日からは天気が崩れて雨が
降るようです。お出かけの際
には傘を忘れずに持っていき
ましょう。

 

上記のような文章はどうだろうか。

 

 

かなり読みにくいよね。

 

 

 

だから

 

適度な改行をしてあげることが重要だよ。

 

 

 

あと

 

文字装飾をして重要なポイントを
分かるようにしよう。

 

 

そうすることで読者に

 

「おっ、ここが重要なんだな」

 

と分かるようにしてあげることが大事。

 

 

 

なぜなら

 

一字一句逃さず読む人ばかりではないから。

 

重要な点しか読まない人もいることも
意識する必要があるよ。

 

 

 

ただし

 

色を使いすぎるのも問題。

 

 

 

なぜなら

 

何が重要なのかがわかりにくくなるから。

 

見た目もチカチカして良くないしね。

 

 

 

なので

 

適度な文字装飾を心掛けよう。

 

 

 

 

理由を伝えること

 

理由を伝えると上手い書き方になるよ。

 

 

文章を書いた後に読み返してみて
「なぜ?」とツッコミをいれてみよう。

 

 

もしツッコミが入れられるところがあれば
理由をつけ足してあげることで
わかりやすい文章にしてあげることができる。

 

 

 

例えば

 

プログラミングは非常に簡単である。

 

なぜなら

 

プログラミングは日本語や英語と同じように
ただの言語であるから。

 

ただ決められた通りに単語を
並べているだけなのだ。

 

 

とすればわかりやすくなるよね。

 

 

もし理由を伝えないとどうなるのか。

 

 

読者に疑問が残って
消化不良となりあなたの記事から
離脱されることになる。

 

 

離脱されてしまうと価値のない文章と判断され
検索順位も下がってしまうことになるよ。

 

 

折角書いた記事なのに
もったいないよね。

 

 

そうならないためにも
理由はちゃんと伝えよう。

 

 

 

 

まとめ

 

文章の上手い書き方について
最低限知っておくべき5つのこととは

 

  • つかみを入れること
  • 事例をいれること
  • 結論を入れること
  • 見やすく読みやすい文章にすること
  • 理由を伝えること

 

のようなことになる。

 

 

共通して言えることは
常に読者目線を意識すること。

 

 

あなたが検索した時に
どういった記事に出会えると
うれしいのかを考えて書いてあげると良い。

 

 

悩みを解決できる面白い記事に仕上がれば
人気記事にすることもできるよ。

 

 

 

ライティング術については
こちらで詳しく説明しているよ。

 

↓ ↓ ↓

 

秘密のライティング術の詳細はこちら


↓ ↓ ↓ あなたのポチっが更新の励みになります

 にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガとLINE@と無料相談メール





質問・相談等ありましたら
どんな些細なことでも構いませんので
こちらからメールください。

↓ ↓ ↓

無料相談メールはこちらから
page top