読者の役に立つ記事を書く3つのポイントとは

プロフィール



 

"とらきち"と申します。
千葉県に住む元プログラマーで、現在はブログアフィリエイター。
パソコンとゲームをこよなく愛する。
ブログアフィリエイトについて、役立つ情報を発信していくので、期待してください。

月収1万円から30万円以上稼ぐ道のりはこちら

↓ ↓ ↓ あなたのポチっが更新の励みになります

 にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加

読者の役に立つ記事を書く3つのポイントとは

あなたはブログ記事を
どう書いたら良いか迷っては
いないだろうか。

 

 

よくブログの書き方で目にするのは

 

「役に立つ記事を書くこと」

 

とあるが役に立つ記事とは
どんな記事なのか。

 

 

それは

 

 

読者の悩みを解決する
記事を書けば良い。

 

 

では

 

具体的にどう書いたら良いのだろうか。

 

 

 

 

 

本やネットで調べたことを書く

 

本やネットで調べたことを
あなたなりの表現で
書いてあげると良い。

 

 

間違ってもコピペはしてはダメだよ。

 

 

必ずあなたの中で消化して
あなたなりの意見や
考えを反映して書いてあげると良い。

 

 

 

例えば

 

ブログの書き方について
記事にしたいと考えたときに
本やネットで調べるよね。

 

 

でね

 

 

調べたことをそのまま書いたのでは
ただの猿真似になってしまう。

 

 

それに

 

既に同様のことを書いている人の
記事以上にはならない。

 

 

そうではなく

 

あなたなりの見解や意見を
織り交ぜて書いてあげることで
オリジナリティある記事になる。

 

 

オリジナリティある記事が書ければ
他と圧倒的に差別化できるよ。

 

 

 

 

Q&Aを参考にする

 

Q&Aを参考にして
それに答える感じで
記事にするのでも良い。

 

 

これもコピペはダメだよ。

 

 

あなたが知っていることや調べたことを
あなたなりの表現で書いてあげると良い。

 

 

 

例えば

 

「アフィリエイトとは何ですか?」

 

といった問いに

 

「アフィリエイトとはネット上の
自動販売機みたいなものだよ」

 

のように説明してあげることで
読者が理解できやすくなるよね。

 

 

あなたが考える回答方法で
伝えてあげると
オリジナリティがあって良い。

 

 

単に

 

「アフィリエイトとは
ネット上の広告をつかって
・・・うんたらかんたら」

 

とやってしまうとわかりづらいよね。

 

 

だから

 

わかりやすい何かに例えてあげることで
理解してもらえやすくなるよ。

 

 

 

 

自分の体験談を書く

 

自分の体験談を書くのがおススメ。

 

 

 

例えば

 

レンタルサーバーとの契約の仕方とか
食事ダイエットの実践報告とか
いろいろあるよね。

 

 

そういったことを
書いてあげることで
まだやったことのない人にとっては
すごく参考になる。

 

 

体験事例だから
あなたも書きやすいよね。

 

 

それにオリジナリティある
文章に仕上がる可能性が高い。

 

 

 

なぜなら

 

実践した内容で
個人個人差が出るから。

 

 

必ず中にはあなたと同じ
躓きをする人が出てくる。

 

 

そういった人の参考に
なるんだよね。

 

 

 

だから

 

体験談はすごく貴重な
記事になるよ。

 

 

 

 

まとめ

 

読者の役に立つ記事を書く3つのポイントとは

 

  • 本やネットで調べたことを書く
  • Q&Aを参考にする
  • 自分の体験談を書く

 

以上のようなことを参考に
書けば良いということ。

 

 

特に体験談はあなたにしか
書けないこともでてくるので
一番おススメ。

 

 

大事なのは他と同じような
記事にしてしまうと
埋もれてしまうということ。

 

 

 

だから

 

オリジナリティある記事を
書いていって欲しい。

 

 

文章の構成の仕方なら
こちらが参考になるよ。

 

↓ ↓ ↓

 

ブログ記事の文章構成の詳細はこちら

 


↓ ↓ ↓ あなたのポチっが更新の励みになります

 にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガとLINE@と無料相談メール





質問・相談等ありましたら
どんな些細なことでも構いませんので
こちらからメールください。

↓ ↓ ↓

無料相談メールはこちらから
page top