伝えると伝わるは違う伝え方のコツ3つのテクニック

プロフィール



 

"とらきち"と申します。
千葉県に住む元プログラマーで、現在はブログアフィリエイター。
パソコンとゲームをこよなく愛する。
ブログアフィリエイトについて、役立つ情報を発信していくので、期待してください。

月収1万円から30万円以上稼ぐ道のりはこちら

↓ ↓ ↓ あなたのポチっが更新の励みになります

 にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加

伝えると伝わるは違う伝え方のコツ3つのテクニック

伝える力を持つ人は多いけど
伝わる力を持つ人は少ない。

 

アフィリエイトで成功するためには
伝わる力を身につけないといけない。

 

 

なぜなら

 

商品の魅力を伝えることが
できないから。

 

 

 

商品の魅力を伝えきれなかったら
読者に商品を手にしていただくことは
できなくなってしまう。

 

 

だから

 

伝わる力は大事だよ。

 

 

 

それでは

 

どうやったら伝わる力をつけることが
できるのかを解説するね。

 

 

具体的数字で表すこと

 

具体的数字で表すと説得力が高まるよ。

 

説得力が高まると相手に理解してもらえやすい。

 

 

例えば

 

「多くの人にご利用頂きました。」

 

とするのと

 

「1,827名の方にご利用頂きました。」

 

というのでは理解度が違うよね。

 

 

後者の方がぐーーーんと
圧倒的に理解しやすい。

 

 

なので

 

抽象的な言葉よりも
具体的な数字を使った方が
より伝わる文章になるよ。

 

 

例えを使うこと

 

例えを使うと理解してもらえやすい。

 

この時に注意したいのは
例えがわかりやすいものであるということ。

 

 

例えば

 

「今日は雨がものすごい降っている」

 

とするより

 

「今日は雨がシャワーのように降っている」

 

とした方が分かりやすいよね。

 

 

なるべく生活に密着した
だれでも分かるような例えで
文章を書いてあげると伝わる文章になるよ。

 

 

結論を先にいうこと

 

結論を先にいうと理解してもらえやすくなる。

 

 

例えば

 

「この仕事できる?」

 

と聞かれた時に

 

「あー、この仕事はAがなんたらだから、Bになって・・・」

 

という回答が返ってきたら
困っちゃうよね。

 

 

 

そうではなくて

 

「できません。なぜなら、Aがなんたらだから、Bになって・・・」

 

とした方が分かってもらえやすい。

 

 

 

まず

 

相手はできるのかできないのかを聞いているので
まずはそこに答えてあげることが必要だよね。

 

 

結論を先に言うことで
理解してもらえやすくなって
伝わるようになる。

 

 

まとめ

 

伝わる伝え方のコツ3つのテクニックとは

 

  • 具体的数字で表すこと
  • 例えを使うこと
  • 結論を先にいうこと

 

ということを意識すると
伝わる文章になるよ。

 

 

とかく伝えることに一生懸命で
伝わる文章にならないことが多い。

 

 

伝わる文章が書けるようになることで
色々な分野で力を発揮することができるよ。

 

 

特にブログなどでの媒体では強力な武器になる。

 

文章だけで食べていくことも
できるようになるよ。

 

そのためには伝わる文章を学ばないとね。

 

↓ ↓ ↓

 

伝わる文章を学ぶにはこちらをクリック

 


↓ ↓ ↓ あなたのポチっが更新の励みになります

 にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガとLINE@と無料相談メール





質問・相談等ありましたら
どんな些細なことでも構いませんので
こちらからメールください。

↓ ↓ ↓

無料相談メールはこちらから
page top