わかりやすい文章を書く3つの秘訣

プロフィール



 

"とらきち"と申します。
千葉県に住む元プログラマーで、現在はブログアフィリエイター。
パソコンとゲームをこよなく愛する。
ブログアフィリエイトについて、役立つ情報を発信していくので、期待してください。

月収1万円から30万円以上稼ぐ道のりはこちら

↓ ↓ ↓ あなたのポチっが更新の励みになります

 にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加

わかりやすい文章を書く3つの秘訣

 

わかりやすい文章を書く3つの秘訣とは?

 

文章っていろいろ直したりしていると
わかりにくくなったりしないかな。

 

私は手直しすればするほど
わかりにくくなってしまうので
あまり手は入れないようにしているんだよね。

 

だけど書くときに気にしていることはある。

 

 

ひらがな、カタカナを効果的に使うこと

 

漢字で書いてしまうと
わかりにくくなる場合があるんだよね。

 

だから

 

ひらがな、カタカナを使うようにしている。

 

 

例えば

 

「駄目」

 

 

「ダメ」

 

とかね。

 

 

ひらがな、カタカナを使うことで
読みやすくなるんだよね。

 

読みやすさは
わかりやすさにもつがなるよ。

 

 

だから

 

漢字をひらがなやカタカナに
してあげると良いよ。

 

 

ただし

 

カタカナの場合

 

「メソッド」

 

とか

 

「ロジック」

 

とかのいわゆる横文字ではなく

 

「方法」

 

とか

 

「論理」

 

とかにしてわかりやすく
することが大事だよ。

 

 

1文を短くすること

 

1文が長くなってしまって
いないかな?

 

 

1文が長くなると
わかりにくくなっちゃうよ。

 

 

例えば

 

「文章を書く時、1文が長すぎるとわかりにくくなってしまうので、
1文の長さを短くすることが大事になる。」

 

とするより

 

「文章を書く時、1文が長すぎるとわかりにくくなってしまう。
だから、1文の長さを短くすることが大事になる。」

 

とした方が分かりやすいよね。

 

あまり良い例ではないので申し訳ないんだけど
短めの文にした方が分かりやすくなるよね。

 

 

ただし

 

あまり短すぎるのもダメ。

 

あまりに短い文がや接続詞が続くと
違和感がでてきてしまうよ。

 

だから

 

違和感のない程度の文の長さは必要だよね。

 

 

「あれ」「これ」「それ」を多用しないこと

 

私は代名詞を多用してしまうことが
多々あったんだよね。

 

代名詞を多用することを
メンターに指摘された。

 

具体的には

 

 

「あれ」「これ」「それ」

 

を多用しているということ。

 

 

代名詞を多用すると何を指しているのかが
わからなくなってくるんだよね。

 

 

書いている方は「あれ」「それ」「これ」が
理解できているので違和感ないのだけれど
読んでいる方は

 

「あれってなんだよ!」
「これってなんだよ!」
「それってなんだよ!」

 

という感じになってしまう。

 

 

だから

 

指摘された以降は
代名詞はなるべく使わないようにしている。

 

 

確かに代名詞が多いと
わかりにくいよね。

 

読者目線が抜けていた証拠だね。

 

 

まとめ

 

わかりやすい文章を書く3つの秘訣とは

 

ひらがな、カタカナを効果的に使うこと
1文を短くすること
「あれ」「これ」「それ」を多用しないこと

 

以上の3点に気を付けると
わかりやすい文章にすることができるよ。

 

 

常に読者目線に気を付けて
書く事が大事だね。

 

自分ではなかなか気づけない点があるから
第三者に記事を読んでもらうといいね。

 

もしプロの診断権があるなら
是非使うべき。

 

とってもためになるよ。

 

 

改行で読みやすい文書にすることも大事だね。

 

↓ ↓ ↓

 

ブログで読みやい文章を公開!改行で変わる読みやすさ

 

↓ ↓ ↓ あなたのポチっが更新の励みになります

 にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガとLINE@と無料相談メール





質問・相談等ありましたら
どんな些細なことでも構いませんので
こちらからメールください。

↓ ↓ ↓

無料相談メールはこちらから
page top