ブログの記事テーマは1つに絞るべし

プロフィール



 

"とらきち"と申します。
千葉県に住む元プログラマーで、現在はブログアフィリエイター。
パソコンとゲームをこよなく愛する。
ブログアフィリエイトについて、役立つ情報を発信していくので、期待してください。

月収1万円から30万円以上稼ぐ道のりはこちら

↓ ↓ ↓ あなたのポチっが更新の励みになります

 にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログの記事テーマは1つに絞るべし

 

あなたは記事を書くときに
テーマをきめているだろうか。

 

また

 

その記事テーマはいくつあるだろうか。

 

私は記事テーマを1つに絞る事を
おススメしている

 

何故か。

 

その方が面白い文章が書けるから

 

ん?どういうこと?

 

と思ったかな。

 

例えば記事1つに対し
10個のテーマを用意して書いたとする。

 

すると

 

1テーマ100文字で書けば良いことになる。
楽だよね。

 

でも

 

内容はうすっぺらくて
面白くはならないよ

 

100文字なんてあっという間だよ。
そんな記事に自分の感情を
どう入れて書けば良いの?

 

無理だよね。

 

じゃあ

 

2テーマとか少なくすれば
良いんじゃない?

 

って感じると思うんだけど
これもNG。

 

なぜか。

 

1テーマ1000文字で書く事で
よりテーマを掘り下げて
膨らませて書く事に意味があるんだよね

 

よく私がつかう
文章の修練ということ。

 

1記事1テーマ1000文字で書く事で
文章を書くスキルが上がるんだよね。

 

1000文字って意外と長くて
いろいろなことに注意して
書かないと到達できないよね。

 

文章を膨らませて書かないと
到達できない。

 

だから

 

文章を書く良いトレーニングになるんだよ

 

文章を書くスキルが上がってくると
1000文字もスラスラと書く事ができる。

 

そのことにどれだけの意味があるの?

 

と思ったかもしれない。

 

でもよく考えてもらいたい。

 

例えば

 

商品を紹介するときでも

 

この靴は革製です。

 

というのと

 

この靴は革製ですが
皮が非常に柔らかく
とても履きやすいです。

 

どちらの方が伝わりやすいだろうか。

 

当然後者だよね。

 

こうやって詳細に表すことで
読者にやさしい文章を提供することができる

 

また

 

文章に自分の感情をいれる
スペースも入れないと
1000文字に到達しづらくなる。

 

感情を入れれば
面白い文章になってくるよ

 

面白い文章なら
読まれることも多くなり
濃いファンができるようになる

 

感情っていうのは
十人いたら十人違うもので
他人の感情から
あぁ、そういう考えもあるのか
と考えさせられることがあるでしょ。

 

こういう個性的な文章って面白い。

 

この個性的っていうのは
武器になるんだよ

 

日本人ってみんなと一緒だと
安心しちゃうところってあるよね。

 

でも

 

それだとその他大勢に埋もれてしまう

 

ブログでもそう。

 

他人と同じことをすればするほど
埋もれていってしまうんだよ。

 

だから

 

個性的な文章を書いて
他のブログとの差別化を図ろう

 

といっても

 

無理して個性的なことを書く必要はないよ。
素直にストレートに文章で表すだけで良いんだ。

 

そうすることで
文章も個性的になるし
面白い文章を1000文字書く事ができるよ。

 

 

だから

 

ブログの1記事テーマは1つに絞るべき
文章スキルも上がってくるから

 

是非、実践してみて。

↓ ↓ ↓ あなたのポチっが更新の励みになります

 にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガとLINE@と無料相談メール





質問・相談等ありましたら
どんな些細なことでも構いませんので
こちらからメールください。

↓ ↓ ↓

無料相談メールはこちらから
page top