Excel(エクセル)で列全体を選択する方法

データ入力

Excel(エクセル)で列全体を選択したい場合はどうしたらよいのでしょうか?

こういった場合にも、簡単に列選択できる機能がExcel(エクセル)には備わっています。

それでは、列全体を選択する方法をご紹介します。

列全体を選択する

列行全体を選択するには、列のアルファベットをクリックするだけでOKです。

しかし、複数の列を選択したい場合もありますよね?

その場合には、複合技で指定したい列のアルファベットをクリック後、クリックしたまま指定したい終点のアルファベットまでマウスカーソルを移動(ドラッグ)させます。

すると、指定した範囲の列号全体を選択することができます。

更に応用として、アルファベットのクリックやドラッグと、CTRLキーを組み合わせることで、離れた列を一度に選択することもできます。

この辺りの操作は、Excel(エクセル)の基本となりますので、しっかり覚えておきましょう。

まとめ

列全体の選択は、アルファベットをクリックで可能です。

また、列のアルファベットをドラッグすることで、複数列を一度に選択することも可能になっています。

更に、列のアルファベットをクリックやドラッグで選択後、CTRLキーを押したまま離れた列を選択すると、その列も選択することが可能です。

連続するセルなどを選択したい場合は、ドラッグをする。

離れたセルなどを選択したい場合は、CTRLキーを押しながらクリックやドラッグする。

上記のように覚えておくと良いでしょう。

画像ではよくわからないという方は、動画でどうぞ。

Excel(エクセル)で列全体を選択する方法

コメント